ご案内

当部門は最新の機器を導入し、検査における待ち時間や不安を軽減するようこころがけ、診断価値の高い画像を提供できるように努力しています。
検査画像は電子保管され、モニター診断をおこなっています。

機器紹介

  • X線撮影装置

    レントゲンといわれている機器で胸部や腹部、骨などいろいろなところを撮影します。

  • X線透視撮影装置

    バリウムによる胃腸検査などの透視を見ながら撮影をおこなう機器です。

  • C.T撮影装置

    身体を輪切りにしたような画像を撮影する装置です。(当院は64列マルチスライスCTを設置)

  • MRI装置

    身体を輪切りに限らずいろいろな断面の画像を撮影する装置です。(当院はオープンタイプのMRIを設置)

  • 外科用透視撮影装置

    手術中にX線透視をする機器です。

  • エコー

    主に内臓などを超音波で見る機器です。循環器の診察にも使用されます。

  • 骨密度測定装置

    骨の弱り具合を調べる機器です。当院ではX線で腰椎を測定します。