病む人への思いやりを持って安全で安心の出来る高度な医療を提供します。

ご案内

受診のご案内

専門外来のご案内

支援部門のご案内

入院について

透析室のご案内

お見舞いについて

島津病院のご紹介

各種教室

地図・アクセス

ごあいさつ

理事長  島津 栄一

昭和42年 岐阜大学医学部第一外科大学院在学中に腎移植のチームに入り人工透析治療を学び、高知の腎不全で苦しんでいる患者様の役に立ちたいと、昭和48年3月島津外科胃腸科、人工透析センターを開業しました。
優秀な医師・スタッフを集め、最新の医療機器を駆使し、高度な知識と豊富な経験を生かして安心できる質の高い透析治療を行うのは当然であり、患者様をスタッフが笑顔で迎え、和気あいあいとした雰囲気の中で透析を受けられるように努力しています。
医学が進歩し専門化しました。現在は、高知大学医学部附属病院、高知医療センター、高知日赤病院などと連携を取りながら、最良の診療を提供できる様に心がけています。


当院が透析治療で特に取り組んできたのは次の4点です

1. 南海地震に対する取り組み
病院を新築し免震構造にし、水・備品を7日以上常備する。
関連施設(島津クリニック比島・快聖クリニック)に良質な水の出る井戸を掘りあて、長期に断水しても透析ができるようにする。

2. 夜間透析の実施
仕事を健康な時と同じ様に続けるために、夜間透析をする。
新築した透析室には透析中もパソコン等を持ち込んで仕事のできる個室も準備している。

3. 地域に密着した透析医療の提供
自宅に近い施設で透析を受けられるように、透析施設の拡充を図る。
四万十市に幡多病院、須崎市に島津クリニック、高知市鴨部に快聖クリニック、比島町に島津クリニック比島を開設している。

4.高齢な透析患者様に対する介護施設の拡充
透析している患者さまがだんだん高齢化して介護が必要になった時、最適な介護サービスを提供できる施設(老人ホーム、高専賃、認知症グループホーム、小規模多機能、通所リハビリ)を併設する。
*現在、有料老人ホーム1軒、高専賃2軒、認知症グループホーム3軒、特定施設1軒、小規模多機能3軒、通所リハビリ1軒が稼動している。
島津理事長
 

島津病院 医療理念/方針

医療理念

「病む人への思いやりをもって、安全で安心のできる高度な医療を提供します。」

医療方針

●心ある医療を介護サービスと連携して提供し、地域社会に貢献する。
●生きることへの共感、病む人への思いやりをもって医療に従事する。
●当院の専門としている医療部門においては、医療レベルの向上に努力し、先進的医療を提供する。
 

病院概要

施設名 医療法人 仁栄会 島津病院
所在地 〒780−0066
高知県高知市比島町4丁目6番22号
代表電話番号 088−823−2285
FAX番号 088−824−2363
診療科目 内科・人工透析内科・糖尿病内科・リウマチ科・腎臓内科・消化器内科・循環器内科・
外科・人工透析外科・整形外科・泌尿器科・消化器外科・脳神経外科・肛門外科・
皮膚科・リハビリテーション科
入院許可病床数 69床
透析ベッド数 112床
職員数 294名(※平成29年10月末 現在)
 

職員内訳

常勤医師 7名 非常勤医師 11名 看護師 50名 准看護師 16名
臨床工学技士 30名 薬剤師 4名 放射線技師 4名 臨床検査技師 3名
管理栄養士 2名 理学療法士 9名 作業療法士 2名 事務員 23名
看護助手 23名 診療情報管理士 1名 介護支援専門員 6名 介護福祉士 38名
社会福祉士 1名 保育士 4名     その他 60名
(※平成29年10月末 現在)
 
←前へ  (病院のご紹介:ご挨拶 〜 病院概要)  次へ→