病む人への思いやりを持って安全で安心の出来る高度な医療を提供します。

ご案内

受診のご案内

専門外来のご案内

支援部門のご案内

入院について

透析室のご案内

お見舞いについて

島津病院のご紹介

各種教室

地図・アクセス

透析食について(栄養部より)

透析食のポイント

1.エネルギーを十分に摂る
2.良質のたんぱく質を摂る
3.塩分の制限
4.水分の制限
5.カリウムの制限
6.りんの制限
 

1.エネルギーを十分に摂る

エネルギーが不足すると、脂肪の燃焼・体たんぱくの崩壊が起こり、尿素窒素(BUN)やクレアチニン、カリウムが上昇します。また、栄養状態が悪くなるのでやせや貧血の症状が出、体の抵抗力が落ち、感染症にもかかりやすくなります。
エネルギーアップをはかるためには…
・油料理(揚げ物・炒め物)を取り入れる
・マヨネーズ・ドレッシングを使う
・食事で食べれないときは間食で補う(ゼリー・クッキーなど)…などのようにします。
また、粉あめ・マクトンなどの治療用特殊食品を利用すると、上手にエネルギーアップが出来ます。
 

2.良質のたんぱく質を摂る

血液透析では、透析液中にアミノ酸が流出するため、一定量のたんぱく質を食事から摂る必要があります。
良質なたんぱく質を含む食品としては、肉・魚・卵・大豆・牛乳があります。
 

3.塩分の制限

塩分を摂りすぎると、塩分が十分排出されず、浮腫・高血圧などの原因になります。また、のどが渇きやすくなり水分の取りすぎにも繋がりやすくなります。薄味を心がけたり、塩分含量の多い食品(漬物、干物など)は控えます。
 

4.水分の制限

排泄する水分より摂取する水分が多いと、体内に水が貯まって浮腫・高血圧などの原因となるので、尿量が特別多い人を除いては水分管理が必要となります。水分制限を守るためにも水やお茶・ジュース・コーヒーのほか、アルコール・果物なども水分として考えるようにし、摂りすぎに注意します。
 

5.カリウムの制限

カリウムは腎臓からしか排出されないので、カリウムを摂りすぎると血中のカリウムが増え心臓を止めてしまう危険が出てきます。そのため、食事から入ってくるカリウムを摂り過ぎないようにしなければなりません。カリウムは水に溶け出る性質があるため、食材を細かく刻んで茹でこぼしたり、水によくさらすなどすると調理前の2/3〜1/2に減らすことが出来ます。また、エネルギー不足により体たんぱく質の崩壊が起こっても、血中のカリウムが増えますので、エネルギーが十分取れているか確認することも大事です。
 

6.りんの制限

一般にはリンはたんぱく質含量と比例するので、たんぱく質を制限すれば自然と摂りすぎは予防できますが、リンは加工食品の保存料として使用されているため、加工食品(インスタント食品・練り製品など)を控えるようにします。また、リンの多い食品(チーズ・卵など)やカルシウムのバランスに気をつけたり、治療用特殊食品(低リン食品・・・低リンミルク・しょうゆなど)を上手に利用します。
 
←前へ  (透析室のご案内:透析食について)  次へ→